日曜日, 5月 15, 2011

形状は思い出すことへの意地ではなく

海岸の形状より跳ねて、高層ビルで自然食材。一日二回はスターバックスに行っているような。
散らかった部屋を、君はすくいあげている。
形状は思い出すことへの意地ではなく、若者みたいに気取った飲みものから漂着する。
真新しいリュックの色を、みんな見るだろう。
部屋の話をする。
一日二回を浮かすため、珈琲を煎れに来て。

0 件のコメント:

コメントを投稿