土曜日, 1月 14, 2012

奇跡という映画

何の前知識もなく映画「奇跡」(監督, 是枝裕和/前田航基、前田旺志郎、オダギリジョー、大塚寧々 /2011)を DVD で見た。
ドラマと批評性を奥に秘めていた。綺麗な画面に活きた台詞。一級品的なCMかもと身構えていたのは、ラストでほぐれた。
かなり思慮深い。大人の映画。
蓮實重彦の評文も読む。大人の映画とある。

それから九州に限らず、新幹線を見ると思い出し、そして去年の三月に走り出したという動きも思い出す。

http://kiseki.gaga.ne.jp/

0 件のコメント:

コメントを投稿