日曜日, 3月 27, 2011

球面三角

昨日の津市では「世界」という言葉の定義について話していた。
ちょうど早川義夫さんが三角みづ紀さんとの公開文通のなかで「極端に言えば 半径 5メートルぐらいの出来事だけで精一杯」とやりとりしていて、それを話していた。

今夜は 名古屋、今池 TOKUZO で「球面三角 ~早川義夫・山本精一・JOJO広重~」というライヴへ行く。
いままでのスタイルや拘りで停止した批評観でいると、損した見方しかできないと思った。
体裁などを考えて、狙うことのない 生の音楽家の姿を垣間見た。

答えなどなくて、考え、あぐね動いていて、そのなかで「たかが音楽」も、冗談も出て来る。
熊坂るつ子さんのアコーディオン。全員でジャックス。ラブゼネレーション。
いろんな思いが一夜に込められて弾けていた。

http://noise.livedoor.biz/
http://www.japanimprov.com/syamamoto/syamamotoj/
http://www15.ocn.ne.jp/~h440/
http://accotomana.6.ql.bz/index.html

0 件のコメント:

コメントを投稿