火曜日, 2月 21, 2012

上空で鳥が被爆している

岩上安身さんの「IWJ」Ustream にて、福島第一原発四号機のマスコミ公開取材の模様が、編集カット無しで放送されており、それをずっと見ていた。

防護服を着て、バスに乗り、無人の集落を過ぎる。各自の持ち込んだ線量計が一斉にピー!ピー!と警告音を出す。一般に設定されている限度値を超えたのだ。スタッフが冷淡に「音を切ってください」と言う。福島第一原発事故地から 20km圏内ではそういった判断になってしまう。そしてマスコミ勢は、四号機の南側に立つ。時々、ここは撮るななど、制されていたカメラも、四号機はズームも駆使してハッキリと写していた。
あんな鉄筋が剥き出しのところに作業員何人かが立っている。
「上空で鳥が被爆している」とコメント欄が埋まる。
見ると、黒い影が舞っていた。
編集カット無し放送のおかげで、本当にそこに向かっているかのような感覚になって、切り離された何処かという感覚ではなく見ることができたと思う。感謝のツィート。
そして、ここで作業している方へは感謝しきれない。
皆が投げ出してしまったら、もっと大変なことになっていたのだし、これからもなってしまう。

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/accidents/2859492/8513395
http://iwj.co.jp/

0 件のコメント:

コメントを投稿