水曜日, 5月 16, 2012

原発再稼動について考える連続ツイート

「原発再稼働について」、反対と対立する人々をどちらもフォローして、読み比べていると非常に混乱する。欠けているところが互いに突っ込まれ合っていく。
揚げ足どりや重箱の隅つつきのときもあれば、決めつけも多いのではないかと思う。
いまにはじまったことではないが。
「いますぐ止める、止めない」じゃなく、十年後、二十年後に向けてどうしていこうかと考えれば、脱原発になっていればと思う。
その為には、いまのいろんなシステムを変えなきゃいけない。原発に替わる発電方法。原発利潤を得ていた地域や企業。もう安全にやれますってのは無い。福島原発事故で見切るべき。
「そんなこと分かってるわい!」と突っ込まれることばかり思いつく。「ならば、その代替や変化はどんな具体案があるねん!」と言われれば、唸ってしまうしか・・ないのか?
ここがポイントだろう。
いま原発 動かし出したら「なんだかんだでこれからもやっていこうぜ!」ってムードに流れる。
「止めても夏 大丈夫じゃん!」ってなれば「危ないでやめよ~」ってなる。
だから今すぐ云々を置いておくことは実はできない。
自分で自分のツィートに突っ込む。

0 件のコメント:

コメントを投稿