水曜日, 5月 30, 2012

「生ポ」とは嫌な響きだ

生活保護の不正受給問題が世間を騒がせていて、若者の間では「生ポ」という言葉がスラングとしてあり、不正受給をいかにして得るかという作戦まであるらしい。
働くよりラクな生活ができるなどと、まるで軽罪を犯して刑務所に入ったほうが飯にありつけるという外国の話を聞いているようだ。
当然、怒りの声もあがる。同時にそれだけまともな仕事も無いんだという声も、もっと取りあげられてもいいはずだし、受給すべき方が逆に、不当に弾かれるなどということもないよう。巷では、被災地へ対応をしにくくさせる為のタイミングではないかとも言われている。そんな批判をはね飛ばす、細やかな受給仕事を求む!

またひとつ切実な問題が立ち上がり、自分は「生ポ」なんてスラングを使わないように気をつける。しかしこの「NAMAPO」という嫌な響きが、不正受給への嫌悪感と同一感で、造語センスとしては優れていると思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿