月曜日, 7月 11, 2011

紆余曲折した自画自賛

深夜に突然部屋掃除。たくさん捨てる。「pure data」の組み立てが分からない。ずーっと配線いじりをしてる感じ。自分のプログラム能力、ツールに限らずあらゆる仕事の対応も同じだ。句読点が多過ぎる文章だと指導されてきた。岡山のギャラリーで貰ってきた小冊子に 原発事故と絡めて森鴎外の脚気対策について語られているのを読む。Wiki で調べる。森鴎外の文章も句読点多いかも。文豪ってみんな多い気がする。紆余曲折した自画自賛。プログラムはシンプルなほうが問題無く動くし、句読点の乱用は読みにくさに繋がる。流れが悪くなる。だけど 半角空けはテンポが良くなるとか思っている。森鴎外、人でなしかもしれぬ。麦飯効果認めず、三万人ほど兵を脚気死から守れず、自分の理論と権威を守るとは。句読点、厳しくあらな刺されるやも。

0 件のコメント:

コメントを投稿