土曜日, 10月 01, 2011

ドント・クライ・スカイ

画家 横井彰氏の個展、ギャラリーAPA で見た。人の顔だけを熱く描いている。絵を描くのは孤独なことだけど、肖像画なら誰かとずっと居ることができるという意の言葉に頷く。
暑苦しくはない。
昨晩、炭酸のなかでなかで見た のっちがラブラドールレトリーバー犬を引き取ってもらいながらエンディングテロップのシーンは、悲しかった。爽やかに演出してあったぶんだけ、酷くて悲しかった。
朝には、ドント・クライ・スカイ。

0 件のコメント:

コメントを投稿