火曜日, 10月 18, 2011

守る世界のために必要な「懐かしい」という感覚

バンコクのウー君こと、Satit氏 が Facebookに 20世紀少年のボブ・レノン動画をあげていた。
タイ語でコミックも出ていたし、世界の危機と戦うストーリーは盛り上がるはず。タイも中盤で出て来てた。
日本の 70年代 原風景は漫画で世界中の「懐かしい」になってく。
ボブ・レノンをみんな聴いて、それがオリジナルになる。
古き良きアメリカンテイストを映画で追うように。

0 件のコメント:

コメントを投稿