水曜日, 12月 14, 2011

実は読めたものか?

何がニュースになるかなんて分からない。突然に報じられて、ああそうか、ここまで来ていたんだなと思い返す。
それの繰り返し。
実は読めたものか?
無意識に、いや意識的に、見ないようにしてきた自分の轍は、雨水で固まり、風でも遠くに行けない。
実はぐるぐる回っているだけですよと、報じる本は誰が書いた?

0 件のコメント:

コメントを投稿