水曜日, 3月 28, 2012

原爆を視る展 中止の報

東京、目黒区美術館にて企画されていた「原爆を視る展」が完全中止となったというニュースを SNS で知る。
このタイミングで「原爆」を扱い、意義深くアピールされる展覧会になったはずなのに残念。財政難とはいえ、文化的に失ったものは更に大きい。
美術館や博物館は、ただ会期を埋めていればいいというものではないはずだ。
丸木美術館の学芸員、図録へ執筆を行っていた方のブログで経緯を読むことができる。

http://fine.ap.teacup.com/maruki-g/1829.html
http://d.hatena.ne.jp/oxyfunk/20110402

0 件のコメント:

コメントを投稿