日曜日, 11月 01, 2009

何ものかのために

「for maria concert version Keiichiro Shibuya playing piano solo tour 2009」
出演|渋谷慶一郎 (Piano)、高谷史郎 (visuals)
による 初日、京都芸術センターでの公演へ。

青に溶けていく文字は結晶となり、気持ちは何ものかのために。

京都は雨。白い部屋から、木造の床を踏む。校舎内でシナモン紅茶を飲んだ。
また新幹線で帰る。駅弁と缶ビール。目を閉じるとレイヤーが返ってくる。ピアノに跪くごとき体と共に。

http://openers.jp/culture/lounge_interview/ATAK-KeiichiroShibuya_for-maria-concert-version.html

0 件のコメント:

コメントを投稿