日曜日, 2月 27, 2011

画家 横井彰氏の個展

金山の喫茶店、ブラジルコーヒーにて、横井彰氏の個展 見る。
店に常駐し、お客さんをパステルや水彩で描き 展示していくというもの。顔だけ描いていた絵は、次第に背景が大きくなって、構図、画面構成が現れてきていた。
絵がうまくなるとは、技術ではなく、規模と広がりを持っていくということを思う。
一時期、達者になった彼は マンネリも恐れただろうが、描き続けた。
今夜は会場でライヴもあり、友人らと見た。幾つかの歌い手が前に出てきて歌った。
最後に 横井〜!と声をあげる。
彼はずっと歌っているのを見て描いていて、僕はそれをコンパクトデジタルカメラの動画で撮っていた。彼が画面の中心に居続ける。

0 件のコメント:

コメントを投稿