金曜日, 9月 16, 2011

店を広げて八方美人か、孤島で自分語だけで自分に話しかけるか

名古屋に「AppBank」二号店が出来た日に、シャープの「ガラパゴス」をシャープ自身が売ることを終了するという報道が入る。
「AppBank」とは iOS のアプリ紹介や、iPhone、iPad のケースやグッズを紹介と販売する人気サイトで、店舗もかまえていて、一号店を原宿に開いていた。東京中心で展開していくんだろうなと思ってたら、名古屋パルコに二号店ができた。サイトと連動する「AppBank」という名前のアプリがあるので、それで情報を得て、プレオープンの昨日など冷やかしに行っていた。ケースの品揃えが充実していて、六月にドイツの家電量販店サターンで買うかどうか迷ったサムスナイトのスリーブケースが売っていた。
店員さんに Bluetooth キーボードと自機をペアリングさせてもらって試させてもらう。面白い。でも iPad の画面入力は気に入っているのでいいや。

「ガラパゴス」は完全に終了するわけではなく、ブランド自体は残るのだけど、自社で売るのは終えるというかなりの縮小だ。
買った人は踏んだり蹴ったりだろう。Android が悪いわけじゃなく、ハードでの展開が悪いのではないかと思う。
どうせならガラパゴス OS を作って欲しかった。
ガラパゴスのケースは、もうワゴンセール行きだろうか。
出ている数が少ないから、iPad1 のケース下にまみれていそうだ。

http://www.appbank-store.com/store/campaign/campaign_0915.html

0 件のコメント:

コメントを投稿