月曜日, 9月 26, 2011

人数が多いと感情移入できる幅も増えるという公式

もうみんな AKB48 には食傷気味やわ。
とか言いつつコンビニ雑誌の表紙に目が引かれる。見知った子が元気かなと顔を見たくなる感じに近いかもしれない。などと 危険なアイドルオタク発言だが元来「会いに行けるアイドル」だったはずだから、親近感が持たれる存在なのだ。そもそもスキルではなくキャラなのだ。
いや、キャラというスキルだというツッコミこそあれ。
彼女達の決め顔はパターン化されていて、プリクラで可愛く見える角度の研究結果と同じに思えてしまう。いや、そのなかでも様々なトライはある。何かに努力している姿を投影させるというショーのシステムには、どんな子にも感情移入できよう。
そのシステムに対しグッドデザイン賞も取っていた。

http://www.g-mark.org/award/detail.html?id=37071

0 件のコメント:

コメントを投稿