日曜日, 4月 08, 2012

肉筆だけが持つ力

小説新潮4月号に尾崎豊が綴っていたノートをそのままスキャンした、肉筆紙面の掲載があって惹きつけられた。
単行本は、活字に入力されているため、あまり魅力を感じず。

「Campus スペシャルサイト」にも、肉筆版の掲載あり。部外者が見て良いんだろうかと思う感触まで含めて、生々しくて良い。TVCF もあって、肉筆だけが持つ力を改めて感じる。余計な装飾は要らないのだ。
自分は尾崎豊の特段ファンというわけではないが、気持ちを広げて、真摯にノートへ向かっていた姿が肉筆に見えて、惹かれるのだ。真面目だけでなく、無邪気さも、ずさんなところも全てあぶり出されている。

http://www.shinchosha.co.jp/notes/
http://www.youtube.com/watch?v=PTc9FzLTtVE

0 件のコメント:

コメントを投稿