日曜日, 4月 01, 2012

視点=空間

豊田市美にて山本糾 個展「光・水・電気」鑑賞。
写真は瞬間を捉え、そこには視点と時間があるというのを 滝の作品で思う。
高山の写真も きれいに繋げるのが目的はなく、視点が動いていた。

帰宅後、豊田市美のスクリーンセーバーをアップロードし、山本糾の展示風景を眺める。縦書きで展覧会概要が表示されるのが格好いいな。

http://www.museum.toyota.aichi.jp/exhibition/2011/special/yamamototadasu.html

0 件のコメント:

コメントを投稿