日曜日, 3月 29, 2009

音のための

ドリップミュージックで回る。
hibari はずっと聴いていたくなる。
夏の花にいまは憧れ、
声を待っていた。
君は眠たいのを我慢していた。

0 件のコメント:

コメントを投稿