土曜日, 1月 31, 2009

野郎に支持されるゲームだろうなぁ

こたつを囲んで野郎のみの会合。そこは最新ゲームハードが勢揃いで、8ビット機エミュレーターも完備されていた。
はじめて「コールオブデューティー4 モダン・ウォーフェア」(アクティビジョン/Xbox360/2007)という銃撃戦ゲームを見て、四人対戦に参加した。美麗グラフィックというよりも臨場感が得られるよう執拗にまで作り込んであるのが特筆すべき点である。
かつての8ビット機ゲームは低スペックであるという制限が逆に表現の方法を鍛えることになっていた。画面には表示されていない世界が広がっている、と感じさせる表現を導き出していた。それに対しハイスペックの次世代機ゲームのこれは、表示できるものは全て表示させて描ききるという方法であり、緻密である。
近づいてくる足音、息づかい、銃を装填する間、風に舞う土埃に、建築構造を持ったマップ。
自分にはダイナミックに映り、「凄い」「凄い」を繰り返してしまった。
そこでの駆け引きは撃ち合うという生理的な興奮と裏腹に、理路整然とした戦略性が求められる。勢いで済まされないシリアスさがだいご味だ。
野郎に支持されるゲームだろうなぁと思う。まぁ、サバイバルゲームだしね。

エミュレーターで桃鉄をダラーッとやると少し落ち着く。
次には眠さとだるさに襲われた。
所感を語る前に「凄い」に終始し、こたつ寝をかましてしまった。

http://www.xbox.com/ja-JP/games/c/callofduty4modernwarfare

0 件のコメント:

コメントを投稿