月曜日, 5月 04, 2009

この語り尽くせぬもの

届く姿。
見られる姿。

夜はビルの一階にあるレストランで夕食を友人らととった。
料理が運ばれてくる度に、向かいのおじさんがグラスを振るしぐさを見せてきた。
一度ホテルに帰ってから、友人らと別れ、それからの写真家と飲みに繰り出す。

山折哲雄氏、講演「愛、この語り尽くせぬもの」を聞く。
私たちが掴もうとするものや、私たちが指先から離していったもの。

0 件のコメント:

コメントを投稿