火曜日, 5月 12, 2009

記憶の風景 by,AA

先生は子どもの頃に住んでいた家の風景をパソコンで描画して僕らに見せてくれた。
僕にも幼い頃に引っ越した記憶はあるが、前の部屋に帰りたいとは思っていなかった。
先生は帰りたいとずっと思っていたらしい。
それはどうしようもないから 僕らを悲しくさせた。
先生のパソコン描画はワープロの文字を並べて描いたもので、アスキーアートと呼べるものになっていた。家の庭に生えていた木の葉を現すための「"」を一字ずつタイプしている姿が想像でき、胸を打った。
先生と同じく松本竣介を僕も好きだ。松本竣介が文筆を行っていたことは戦時中に虐げられた画家の抵抗活動としてのみに留めて語られるべきではないと思った。ここには一人の人間から起こってくる絵と言葉の関係があるはずだ。アスキーアートで描く記憶の風景とそれが絡んで印象にある。

"""""  """ / \
"""""  """ / -- \
||   || /  \
_______________

0 件のコメント:

コメントを投稿