月曜日, 8月 15, 2011

66年前

終戦記念日。66度目だ。その夏も今日のように暑かったのだろうか。
ノーカットで玉音放送を YouTube で聴くことができた。同時現代語訳付きである。意味が分かってくるといたたまれない。

いろんなことを放り投げて、ばらばらになった街を王様は闊歩するしかない。賢者は瓦礫から煌めく石を拾うだろう。それを錬金できるまでは時を要する。

先日、自分は炎天下の路上で生命の危機を感じた。雨が降っていたら傘をささなければいけないという判断と同じように 対策が要るということを思い知った。熱線が降り注ぐ午後三時。この国はたいへんで、自分たちを取り戻そうとヒステリックになる者も現れる。冷静ぶる者もそれはそれで気持ち悪い。みんな気持ち悪いじゃんと文句だけの奴は一人なのだ。いつの世も。

0 件のコメント:

コメントを投稿