金曜日, 8月 19, 2011

気分だけケン

iPhone アプリ「カプコンアーケード」(CAPCOM/2010-)が 知らないうちにバージョンアップを重ねていて、どんどん新しい筐体が追加されていた。いまや「スーパーパズルファイターX」(1996)という微かに存在を知っているパロディ的なパズルゲームまで置いてある。
このごろ、電車の移動時にはこのパズルファイターをやっている。
キリの良い短い時間で遊ぶことができるのがちょうど良い。最初は偶然だった連鎖も作れるようになって、じょじょに巧くなってきたのが自分でも分かる。まぁ、そんなに威張って書くほど難しいゲームでもない。おそらく落ちものパズルのジャンルのなかではあまり巧妙に作られたほうではないだろう。カプコンのキャラで押しきって成立させている。キャラクターが対戦として出てくるだけで、パズルの内容的にはパロディになってはいない。キャラを変えて相手へ落ちる攻撃ジャムの色順などが変わったとしても、そんなに変化が実感できなくて、絵柄や声や動きだけで、もう気分でしかない。自分はストII 同様、ケンを使っている。
今日、とうとうハードモードでもクリアをすることができた。味気ないエンドロールを見ながら、ほのぼのしていた。過度に派手すぎない演出で、これくらいがちょうどいいと感じる。シンプル・イズ・ベスト。プレイ時間だけでなく、ほど良いボリューム。なんでもやりこみ前提じゃなくてもいいだろう。特に携帯で遊ぶものは気軽でないと。

http://www.youtube.com/watch?v=EBHXr-u6kvE
http://jinmurata.blogspot.com/2010/10/blog-post_3772.html

0 件のコメント:

コメントを投稿