火曜日, 1月 09, 2007

さよならは夜明けの夢に

おやすみのキスは
まだ
夜明けまでに
荷物まとめてドアを
そっと
開ければ
いつものように
星空に月は笑う

窓には指で描いた
すきとおる
書き置き残し
ドアを
そっと
閉じれば
思い出だけが
流れる
夜露と
なって

見捨てられた パパとママ
もう何もかも
好きにさせたのに
あの娘は
遠い
ところ

レモネードに
パイの

髪を撫でる
大きな手の
パパの
ジンの匂いを
忘れたのかい
さよならは
夜明けの
夢に

さよならは
夜明けの
夢に

(詞,鈴木博文、曲,岡田徹/1977)

http://www.youtube.com/watch?v=6QD0K1LbAps

http://www.jasrac.or.jp/sakka/moon_inner1.html

0 件のコメント:

コメントを投稿