月曜日, 12月 04, 2006

原則から逃れることはできない

気付けば、朝五時の名古屋駅。
眠気と寒さで、逃げるように無理せず帰宅、二時間だけ睡眠をとる。
この判断が正しくて、身体がとてもラクで良かった。
やっぱり睡眠だなと。
物理的な現象の反応で身体は動き、それで言葉を扱い、ものごとを考えているんだなと。当たり前のことを思う。
この頃は本当にそう思う。
表現についていくら大きなことを吠えても、こんな原則から逃れることはできない。
でも短い睡眠時間だったので、バイト後には、帰ってすぐに突っ伏して寝てしまった。
よく言われることだけど、名古屋はやはり、行き交う人がゆっくりしている。
環境も原則。
ここで起こってくることを受けとめていこう。

0 件のコメント:

コメントを投稿