水曜日, 12月 20, 2006

メリー絵画教室

今年はこれでお別れ。
残念ながら三学期まで延びてしまった僕たちのイメージ。
クリスマスソングは恥ずかしくて唄えない、みんな。
三ツ矢のスパークリングワイン、サイダー白ぶどうが溢れる。
TICO MOON 流す。
男の子だけで。
それから煙草とスパゲッティミートのなかで、如何に食うかという話をした。
詩人?
サンタクロース?
どれだけのクオリティその言葉?行為?信頼?
僕たちのメリー絵画教室。

1 件のコメント:

  1. メリークリスマス!
    書き込みありがとう。御無沙汰してます。いやはや、ツリー作りいいね。そんなそんな、こちらもトランプは土壇場で足りないとかいろいろあって、あとちょっとなのです。枚数が53枚要るしね。オリジナルでやりきるのは本当に労作。だからこそ楽しいわけですが。そんなふうに楽しんでもらえて良かったです。
    こちらこそありがとう。嬉しいです。
    また見せてください。こちらの教室は来年は油絵だと!意気込んでおります。まずは木炭からだと。
    クリスマスに両親の親心を、思うのはいいね。
    ニューシャネル、零景も確か今日で終わりだったかな。

    さてさて、明日はイエス・キリストの誕生日。
    クリスチャンにとっては、世界がはじまった日。2006年前の話だ!
    エンヤコラ〜、エンヤコラ〜。

    村田仁
    2006年12月25日(月) 3時54分
    --
    Yoshiko.M
    メリークリスマス
    仁さんの【絵画教室】のブログを参考にさせていただきながらの、(無学の私には、本当に参考になってます、ありがとうございます。)
    私のおしごと・絵画教室小学生クラス担当、最後の授業は
    小さなツリー作りでした。
    サンタクロースに会う話をしながら、(去年はおじいさんに会いに行く冬でしたね)
    教室の室内は飾りでごてごてになり、モチーフの剥製のキジは七面鳥に化かして綿だらけ。小さなケーキを食べました。
    三学期に残した色々は多く、参考どころかアイディアをそのまま...なトランプ作りもまだまだ終わってません。でも、一番今年の課題で良かったといってもらえて、いいのをつくろうねと決意し合いました。
    「たくさんプレゼントとお年玉もらうんやにー」が最後の言葉だったのが来年の為に送る言葉。お互い恥ずかしがりながら。笑顔で。
    それぞれの笑顔は不意に私の母や父や、そのまた両親の親心を想いました。
    私は子どもはいないけど、この笑顔のためなら、なんでもやれる
    やろう エンヤコラ エンヤコラ
    ヨイトマケの唄を歌いながら、今年の終わりに進もうと想いました。

    p.s
    大竹信朗展 私も夜行バスで観にいきましたが 気合を入れたはコラージュ大会よりトランプの制作続行の方が小学生には魅力的でした。
    ニュー宇宙や、ニューシャネルは遠し。きっと、トランプ、いいのが出来るに違いないです。


    2006年12月25日(月) 1時43分

    返信削除