土曜日, 6月 24, 2006

スパゲッティーのあとチョコミント

今朝 アマゾンから本が届いて、ロゴに描かれたニンマリした口の描線だけを見届けてまた寝てしまった。
テレビに「サッカー」(任天堂/1985)映せば、それは概念を絵に描いた画面だった。
よく見ればピッチには六名ずつしかいない。国を選んでも服の色が変わるだけ。
現実は国ごとに歴然とした差や違いがあり、スピードも速く、様々な駆け引きが行われていた。

書き出しておいた作業メモを眺めて、スパゲッティーにキムチと豚肉にチーズとキャベツ、豆乳、唐辛子和えて頂く。
缶ビール空ける。
優しい思い出について顔を赤くする。

ドイツとスウェーデンの試合に興奮した。バックパスやオーバーヘッドの応酬。
決めるところを卒なく決めるレベルに口をぽっかり。
見ながら食べていたアイスクリームがちょうどアルデンテ。

0 件のコメント:

コメントを投稿